Cosmictune 増川いづみのサウンドヒーリング(音叉、チューニングフォーク)



トピックス

2018年3月31日

増川いづみ寄稿「MIND-BODY SCIENCE(NO.28)」のお知らせ
 増川いづみ先生が、人体科学界の学会誌に寄稿いたしました。
 
人体科学会発行「MIND-BODY SCIENCE(NO.28)」
【特集】医学・医療を哲学する  
人体科学会は、いのちと人間性の本質について学際的・総合的な視点から科学的に研究することを目的とした、従来の学問分野の境界を越えて、文科系から医療体育系、理工系まで総合した観点に立ち活動している学会です。
臨床心理、医療、氣や周波数など様々な専門家の方が、参加され古くも新しい多くの知識が集まる学会誌に、増川いづみ先生が寄稿いたしました。
 
 
タイトル あらゆる「いのち」の危機   
 
 地球という生命体も人類の絶え間ない欲求を満たすための諸行は、地下水の汚染や微生物から動植物、そして私達はもとより、地球環境全体への影響を及ぼしています。〈本誌抜粋〉     
 
「食の危機」・「海洋生物の危機」・「陸上生物の危機」と3つの視点から、人類が抱える環境問題に、警鐘しています。
 
後半は増川いづみ先生ならではの、「音の重要性」についても述べており、今一人一人の意識が調和を生み出し、平和への道へと繋がっていくことを伝えています。 


  
| <<前の | 次の>> |